歯医者さん

いびきをなくそう

工夫することで得られるメリット

いびきは寝ている間に起こることなので、自分では気付きにくいものですが、周囲に迷惑をかけることもあるので治したいと考えている人も多くいます。 そのため、最近では様々ないびき防止グッズが市販されています。 寝ている時に口呼吸をしている人はいびきをかきやすいと言われていますが、口呼吸を改善するためにはいびき防止用に作られたマウスピースが効果的です。マウスピースで口の中を固定すると、あごが下がるのを防いでくれるため口呼吸を抑制する効果があります。 その他にも鼻腔を拡張するテープなどもありますが、中には睡眠時無呼吸症候群のように治療が必要ないびきもあるので、気になる場合は専門の医療機関で調べてももらうことが大切です。

いびきに関する現在の取り組み

いびきの中でも睡眠時無呼吸症候群は、体に様々な影響を与えるため治療が必要です。 睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている最中に呼吸が一時的に止まってしまう症状のことで、ひどい人は寝ている間に何度も呼吸が止まっている場合もあります。 呼吸が止まることで体にはその分大きな負担がかかり、心疾患や高血圧などの生活習慣病になるリスクが高まると言われていますし、熟睡感がなく日中に強い眠気が襲ってくることもあります。 睡眠時無呼吸症候群の治療では、重症の場合は寝る時に専用装置を使用したり外科的手術が必要になります。軽症の場合はマウスピースの装着で効果が出ますが、マウスピースは市販されているいびき防止用ではなく、睡眠時無呼吸症候群用に作られたものを使用することが重要です。